加工技術

加工技術

マイクロ擬似エンボス

2種類の性質が異なるニスを使い、表面に細かい凸凹を作ることで絵柄や模様を表現できます。

銀地の場合

白地の場合

擬似エンボス

2種類の性質が異なるニスを使用することにより、オフセット印刷でエンボス調の凹凸をつくり、
浮きだし効果を見せる事ができる印刷技術です。

浮き出し

2種類の性質が異なるニスを使い、表面に凸凹を作ることで、光沢を残した所との差を出し、浮き出し効果を表現することができます。

箔押し

熱と圧でフィルムにコーティングされた色彩を熱圧着する方法です。
メタリック、ホログラムなどの表現が最大の特徴です。

UVコート

紫外線(UV)の照射により瞬時に硬化する溶剤を使用し、表面をコーティングする加工です。
PP貼りにも劣らない光沢感が出ます。

プレスコート

熱で固まり光沢を出す熱硬化樹脂を印刷表面に塗ってプレスします。
鏡面仕上げが可能で高い強度を実現します。

マットニス

表面の光沢を抑えるので、艶消し効果があります。落ち着いた雰囲気を出したいときに使用されます。

フィルム貼り

液剤を引くのではなく、PPやPEを貼る加工で、表面加工の中では最も光沢が出ます。
また、中身を見せたい時は窓抜きをした後、フィルム貼りをすることで箱の強度を保ちます。

LCコート(ホログラム)

フイルムを用いて印刷加工面に光沢剤を塗布し乾燥前の状態で全面にフイルムを圧着、
紫外線照射により光沢剤を硬化してからフイルムを剥がすという加工法です。耐久性はありませんがエコには優れています。

シルク印刷

オフセット印刷よりもインクの層が厚く、隠蔽性があるので、エンボス効果と発色の良さが最大の特徴です。

シルク印刷(溶剤塗布)

特別な溶剤を塗布することで凹凸の激しい、ザラザラした感触に仕上げます。

窓貼り加工

中身が見えるよう箱に窓を作り、裏側からフィルムを貼る加工です。主にお菓子などの食品系や化粧品、雑貨に多く使われています。