キャラメル式ケース

キャラメル式箱は箱の上下に差し込みのフタがついており、ケーキ入れ、お菓子入れ、おもちゃ箱、店舗用ギフトボックス等、さまざまな用途で使用できます。

地獄底ケース

キャラメル箱の底面を4枚の組み合わせにしたキャラメル箱より底面に少し強度を持たせたものが地獄底箱です。また業界では、アメリカンロック、底組み箱と呼ぶこともあります。


ワンタッチ底ケース

底の面を4枚の組み合わせにし、2か所を糊貼りして、箱を起こすと自動的に底が組み合わされる仕組みです。キャラメル箱よりも重量物を入れることに適し、底面を組み立てる必要が無く大量生産時の作業効率を上げることができます。

ピローケース

湾曲(わんきょく)状になったユニークな形をしたパッケージ箱です。名前の通りピロー(英語で“枕”を意味する)から、タイコ式と呼ばれる場合もあります。


スリーブケース

両端が開いて筒状になった箱と組立て式の身箱を組み合わせたスライド式の箱です。内容物の保護はもちろん、中身を引き出す動作は 高級感を演出する目的もあります。

ラップラウンドケース

機械的に集約された内容品を包み込んで、フラップを接合するタイプです。


特殊形状ケース(10バイアル)

ワンタッチケースをベースに組み上げた際に仕切りが自動的に起き上がる特殊形状。仕切りの数は自由設計

特殊形状ケース(緩衝機能付き)

ワンタッチケースをベースに緩衝機能を付けた特殊形状。割れやすい瓶などに最適